本文へジャンプしますcorner大阪市労働組合連合会
更新履歴主張・見解政策提言市労連とはごあいさつ市労連のはじまり組織体制お問い合わせ先用語集リンク集HOME

更新日:2011年10月3日

東日本大震災

9月11日に仙台市労働組合連合会に訪問
義援金1000万円を寄付しました。

 災害発生からちょうど半年となる9月11日に、市労連は仙台市労働組合連合会に訪問し、佐藤執行委員長に組合員から募ったカンパ金のうち1000万円を義援金として寄付しました。

佐藤執行委員長(左)へ寄付

佐藤執行委員長(左)へ寄付

 佐藤執行委員長からは、「大変ありがたいことです。組合員を代表して大阪市労連の仲間の皆様方のご厚意に心よりお礼申し上げたい。仙台市労連でも組合員の多くが被災し、組合員本人やご家族がお亡くなりになられたり、自宅が全壊や大規模半壊などで避難所での生活を余儀なくされている実態があります。そうした組合員の為に有効に使わせていただきたい」と、お礼の言葉を頂きました。

 また、訪問当日は日曜日にもかかわらず、沿岸部の被災地や、その後の大規模な余震(マグニチュード6〜7クラスが7回、とりわけ4月7日に震度6強)で崩落した内陸部の住宅地にも案内いただき、改めて今回の大震災の悲惨な実態を視察させていただきました。

内陸部の被害状況

内陸部の被害状況

内陸部の被害状況

内陸部の被害状況

雑草の生い茂った農地にまだ車が放置

雑草の生い茂った農地に
まだ車が放置

家の基礎だけが残る地域

家の基礎だけが残る地域


 壁のはがれた市役所会議室で説明を受ける訪問団

 壁のはがれた市役所会議室で
説明を受ける訪問団

 さらに、翌日12日には、仙台市役所を訪問し、仙台市災害対策本部から「仙台市震災復興計画(中間案)」を策定したことと、具体的には、復興に向けた基本理念として、「新次元の防災・環境都市」を目指すとしながら、100万人の復興プロジェクト、暮らしと地域の再生、復興のまちづくり、復興計画の推進など、今後5年間の計画期間内に取り組む内容の説明を受けました。

災害対策本部より報告を受けた仙台市内の主な被害状況(8月31日時点)

人的被害 死者 704名
行方不明者 26名
負傷者 重傷275名
軽傷1994名
建物被害 全壊 22,077棟
大規模半壊 15,026棟
半壊 38,814棟
一部損壊 一部損壊
 

copyright 2005- 大阪市労働組合連合会